専門家が見たら(見てるらしい!?)激怒必至!の
いやらしいアマチュアのコントラバスのCD批評が中心。
まぁ、だらだら続けていきます。
メジャーになりようがないアンダーグラウンドなブログ
RECOMMEND
バンド・オブ・ジプシーズ
バンド・オブ・ジプシーズ (JUGEMレビュー »)
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス
これはすごいCD。クラシックばかり聞いてる場合じゃないと思った。
RECOMMEND
Virtuoso Double-Bass Concertos
Virtuoso Double-Bass Concertos (JUGEMレビュー »)
Domenico Dragonetti,Serge Koussevitzky,Niccolo Paganini,Gary Karr,Berlin Radio Symphony Orchestra
ゲーリーカーによる聖書的名演。
クーセヴィツキーの協奏曲は必聴。
RECOMMEND
Bottesini: Works For Double Bass [Australia]
Bottesini: Works For Double Bass [Australia] (JUGEMレビュー »)
Jörg Baumann,Giovanni Bottesini,Hans Stadlmair,Jésus López-Cobos,Ludwig Streicher,Klaus Stoll,Munich Chamber Orchestra,Berlin Radio Symphony Orchestra,Norman Shetler
シュトライヒャーによる
ボッテシーニの聖書的名演。
RECOMMEND
Bottesini: Musik fur kontrabass und strieichquintett
Bottesini: Musik fur kontrabass und strieichquintett (JUGEMレビュー »)
Giovanni Bottesini
私の最も好きな日本人奏者、
文屋充徳氏のボッテシーニ集。
弦楽五重奏による伴奏
RECOMMEND
Russian and French Music for Double Bass
Russian and French Music for Double Bass (JUGEMレビュー »)
Gabriel Faure,Alexander Glazunov,Reinhold Gliere,Serge Koussevitzky,Maurice Ravel,Camille Saint-Saens,Pyotr Il'yich Tchaikovsky,Hans Roelofsen,Edwin van den Berg
ロロフセンのCD。
グリエールの名曲が収録されている
特にタランテラは必聴。
超絶技巧だけではない歌がある。
RECOMMEND
Giovanni Bottesini: Works for double bass & strings
Giovanni Bottesini: Works for double bass & strings (JUGEMレビュー »)
Vincenzo Mariozzi,Giovanni Bottesini,Vittorio Antonellini,Massimo Giorgi,I Solisti Aquilani,Diego Conti
ヴァイオリンとコントラバスによる
パッショーネアモローザは必聴!!
RECOMMEND
Giovanni Bottesini: Double Bass Concerto
Giovanni Bottesini: Double Bass Concerto (JUGEMレビュー »)
Giovanni Bottesini,Boguslaw Furtok,Frankfurt Radio Symphony Orchestra
コントラバステクニックの最前線、
フルトークによる演奏。
ボッテシーニの協奏曲第1番と
パッショーネアモローザは
楽器の限界に挑むテンポで完奏!
RECOMMEND
コントラバス劇場
コントラバス劇場 (JUGEMレビュー »)
溝入敬三
コントラバスによる
新しい可能性を秘めた1枚。
「失敗」や「タクシー」などの
面白い曲だけでなく、
確かなテクニックと音楽性による
名演もバランスよく収録されている
RECOMMEND
ファンファーレ
ファンファーレ (JUGEMレビュー »)
advantage Lucy,アイコ,Lynne Hobday,石坂義晴,井上富雄,渡辺等,中村キタロー
初めての失恋を経験した
中学3年のときに聴いていたCD
今聞いても完成度が高いと思う。
弦楽器が伴奏に流れる「メトロ」が
好きだった。
当時から、クラシックを好きになる
素地はあったのかもしれない。
RECOMMEND
コントラバス教則本
コントラバス教則本 (JUGEMレビュー »)
松野 茂
なんとシマンデル1巻を

やったことがないという

もぐり奏者である

管理人が使っていた教本。

個人的にはとても愛着がある。
RECOMMEND
夜のかくれんぼ (新潮文庫)
夜のかくれんぼ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
星 新一
小学5年生のときに読んで
読書に目覚めた1冊
RECOMMEND
三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40)
三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40) (JUGEMレビュー »)
吉川 英治
もう何十回読んだかわからない名作

日本人が愛する

「滅びの美学」がここにある。

本当の三国志はレッドクリフなんて

安いものではない
RECOMMEND
春秋戦国志 (上) (講談社文庫)
春秋戦国志 (上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
安能 務
私の大好きな歴史小説。
時代は必然的に流れるのである。
RECOMMEND
RECOMMEND
わたしが・棄てた・女
わたしが・棄てた・女 (JUGEMレビュー »)
遠藤 周作
自分が女の子を棄てた経験と
重なって胸が痛くなった一冊
RECOMMEND
PHILOSOMA
PHILOSOMA (JUGEMレビュー »)

生涯唯一ハマった
シューティングゲーム。
くそゲーと思いつつもはまっていた
当時はハードモードも
コンテニューなしでクリアーできた
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< やりたいことはかく多く | main | ゲーリーカー ブラウンソフトシュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
都響首席 山本修氏のクーセヴィツキー 感想

聴いてきました。生クーセヴィツキーの協奏曲。
これで生で聞いたのは2回目。

初めて聴いたのは読売日本交響楽団の星氏の演奏でした。
当時の感想はこの曲を良く知らなかったこともあり,
(東京芸術劇場の3階で聞いていたせいか)
あまり独奏が聞こえず,冒頭のホルンがかっこいいなぁぐらいしか感想がなかった。
終演後のさくらっぽいブラヴォーがやたら
耳についたが「かっこいい曲だったなぁ,CDほしいなぁ」と
思ったのは覚えている。
その後,動画でこの演奏を見て「へぇ割合いい演奏だったじゃないか」と思った。

その後、ゲーリーカーを初め多々録音を聞き,
楽譜もゲットし,自分でも「音を並べる」ことが出来るようになった。
(あくまで音を並べるだけできちんとは弾けるわけがない)
そんな今,生クーセヴィツキーはどう聞こえるか非常に楽しみでした。
そういうわけで無知だった前回より今回は
感動のハードルは明らかに高かった。

さて,南東北より上京。
前プロ「禿山の一夜」が終わると,
オーケストラは大分編成を刈り込みました。
(ヴァイオリンから 5−4−3−2−1だったように見えた。
 ハープあり,ティンパニー,トランペットはなし
 よく見る編成の版でした。)

さて演奏の感想

やっぱコントラバス協奏曲って

企画に無理があるよね。

断っておくが演奏そのものは
よかったと思う。
まぁ、細かい粗を探せば
第1楽章の2回出てくる副次的主題の音程が2回とも崩れたことや
第3楽章の肝心なところでいい音程が響かなかったこと,
音のひっくり返りが多かったことなどなどあるが
まぁ、コントラバスという楽器を考えると仕方ないやも知れぬ。
あれ以上のパフォーマンスは現実的に難しいかもしれない。

けどなんというか,第1楽章のカデンツァ後に
オーケストラの伴奏が音を絞ったとたん
会場には間違いなく「??」という雰囲気が漂った。
コントラバスがぼそぼそと奏でる音をみんな真剣に聴いていたというか
応援していたというか。
音程をはずす度に(そんなに悪い音程ではなかったのだが)
会場に緊張感が走り,不安の中最後までみんな応援をしているかのような雰囲気。
伴奏のオーケストラの方も独奏の音が聞こえずらかったのかもしれない。
3楽章後半で16分音符になりテンポが変わるところところは
伴奏が一瞬宙に浮いてしまい,崩壊するのではとひやりとした。
(指揮者が悪いのか?)

率直に言ってしまうと
正直聴いていてなんかつらいものを感じた。
曲を知らなければもっと素直に聞けたのだろうか。

演奏後の拍手もなんかぶじ終わった安堵感のような感じでした。

しつこく書くが演奏は多分良かったのだと思う。
けどそれはコントラバス業界内ではという
前置きがついてしまう。悲しいがそれがコントラバスなのやも知れぬ。
やはり企画に無理があるのだ。
コントラバスは音量が小さすぎる。音域がこもりやすすぎる。
今回はサントリーホール2階正面の後ろのほうで聞いていたが
じつはわざとそこで聴いたのです。
1回の前のほうが独奏が良く聞こえるに決まってるが
後ろで聞いてみてどんな聞こえ方がするのかに興味があったのです。
山本氏もおそらく音量的な工夫をされていて,
オーケストラ伴奏よりわざと音を遅く出して目立つようにしたり
ボーイングを頻繁に返したりしていたように見えた。
(1楽章の重音後のスラーで弓を返したり
 3楽章後半の16分音符は1回目をスラー,
 2回目を完全にデタッシュにしていた。)

今回の演奏も録音で聞いたら名演なのかもしれない。
あるいはもっと小ホールで聞いたら感動したかもしれない。
コントラバス協奏曲は大ホールではつらすぎる。
事実,1階席のほうが拍手は盛り上がっていたよう気がする。
(1階R席の拍手が鳴り止まず,カーテンコールが1回増えた)

CDやyoutubeで流れているクーセヴィツキーの名演だって悲しいかな,
大ホールで生で聞けば今日のような感想やも知れぬ。
クーセヴィツキーという曲が悪いのかもしれない。
小ホールでヴァンハルやディッタースドルフなら
楽しく聴けそうだ。

この演奏会さらに悲しいことに
後半がシェヘラザードだったことである。
独奏ヴァイオリンの音が通ること美しいこと。
四方氏のソロが素晴らしかったのはもちろんだが

やはりヴァイオリンは得だな。

と思った。

まぁ、いろいろ書いてしまったが今日はいい経験でした。
また生クーセヴィツキーがあったら聞いてみよう。

| コントラバスの話 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 22:44 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック