専門家が見たら(見てるらしい!?)激怒必至!の
いやらしいアマチュアのコントラバスのCD批評が中心。
まぁ、だらだら続けていきます。
メジャーになりようがないアンダーグラウンドなブログ
RECOMMEND
バンド・オブ・ジプシーズ
バンド・オブ・ジプシーズ (JUGEMレビュー »)
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス
これはすごいCD。クラシックばかり聞いてる場合じゃないと思った。
RECOMMEND
Virtuoso Double-Bass Concertos
Virtuoso Double-Bass Concertos (JUGEMレビュー »)
Domenico Dragonetti,Serge Koussevitzky,Niccolo Paganini,Gary Karr,Berlin Radio Symphony Orchestra
ゲーリーカーによる聖書的名演。
クーセヴィツキーの協奏曲は必聴。
RECOMMEND
Bottesini: Works For Double Bass [Australia]
Bottesini: Works For Double Bass [Australia] (JUGEMレビュー »)
Jörg Baumann,Giovanni Bottesini,Hans Stadlmair,Jésus López-Cobos,Ludwig Streicher,Klaus Stoll,Munich Chamber Orchestra,Berlin Radio Symphony Orchestra,Norman Shetler
シュトライヒャーによる
ボッテシーニの聖書的名演。
RECOMMEND
Bottesini: Musik fur kontrabass und strieichquintett
Bottesini: Musik fur kontrabass und strieichquintett (JUGEMレビュー »)
Giovanni Bottesini
私の最も好きな日本人奏者、
文屋充徳氏のボッテシーニ集。
弦楽五重奏による伴奏
RECOMMEND
Russian and French Music for Double Bass
Russian and French Music for Double Bass (JUGEMレビュー »)
Gabriel Faure,Alexander Glazunov,Reinhold Gliere,Serge Koussevitzky,Maurice Ravel,Camille Saint-Saens,Pyotr Il'yich Tchaikovsky,Hans Roelofsen,Edwin van den Berg
ロロフセンのCD。
グリエールの名曲が収録されている
特にタランテラは必聴。
超絶技巧だけではない歌がある。
RECOMMEND
Giovanni Bottesini: Works for double bass & strings
Giovanni Bottesini: Works for double bass & strings (JUGEMレビュー »)
Vincenzo Mariozzi,Giovanni Bottesini,Vittorio Antonellini,Massimo Giorgi,I Solisti Aquilani,Diego Conti
ヴァイオリンとコントラバスによる
パッショーネアモローザは必聴!!
RECOMMEND
Giovanni Bottesini: Double Bass Concerto
Giovanni Bottesini: Double Bass Concerto (JUGEMレビュー »)
Giovanni Bottesini,Boguslaw Furtok,Frankfurt Radio Symphony Orchestra
コントラバステクニックの最前線、
フルトークによる演奏。
ボッテシーニの協奏曲第1番と
パッショーネアモローザは
楽器の限界に挑むテンポで完奏!
RECOMMEND
コントラバス劇場
コントラバス劇場 (JUGEMレビュー »)
溝入敬三
コントラバスによる
新しい可能性を秘めた1枚。
「失敗」や「タクシー」などの
面白い曲だけでなく、
確かなテクニックと音楽性による
名演もバランスよく収録されている
RECOMMEND
ファンファーレ
ファンファーレ (JUGEMレビュー »)
advantage Lucy,アイコ,Lynne Hobday,石坂義晴,井上富雄,渡辺等,中村キタロー
初めての失恋を経験した
中学3年のときに聴いていたCD
今聞いても完成度が高いと思う。
弦楽器が伴奏に流れる「メトロ」が
好きだった。
当時から、クラシックを好きになる
素地はあったのかもしれない。
RECOMMEND
コントラバス教則本
コントラバス教則本 (JUGEMレビュー »)
松野 茂
なんとシマンデル1巻を

やったことがないという

もぐり奏者である

管理人が使っていた教本。

個人的にはとても愛着がある。
RECOMMEND
夜のかくれんぼ (新潮文庫)
夜のかくれんぼ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
星 新一
小学5年生のときに読んで
読書に目覚めた1冊
RECOMMEND
三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40)
三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40) (JUGEMレビュー »)
吉川 英治
もう何十回読んだかわからない名作

日本人が愛する

「滅びの美学」がここにある。

本当の三国志はレッドクリフなんて

安いものではない
RECOMMEND
春秋戦国志 (上) (講談社文庫)
春秋戦国志 (上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
安能 務
私の大好きな歴史小説。
時代は必然的に流れるのである。
RECOMMEND
RECOMMEND
わたしが・棄てた・女
わたしが・棄てた・女 (JUGEMレビュー »)
遠藤 周作
自分が女の子を棄てた経験と
重なって胸が痛くなった一冊
RECOMMEND
PHILOSOMA
PHILOSOMA (JUGEMレビュー »)

生涯唯一ハマった
シューティングゲーム。
くそゲーと思いつつもはまっていた
当時はハードモードも
コンテニューなしでクリアーできた
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 近況 | main | 通してさらうことも重要である。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
2010年を振り返る

仕事も終わり、録画しておいた読響の第九も見たので
大分、年末という気分になったので今年を振り返る。
しかし、第九いい演奏だったなぁ、
ヒューウルフ指揮で絶対いいと思ったから
行こうか迷っていたのだが、金がなく断念した。
まぁ、テレビでみられたからいいか。

総括すると今年は最高にいい年だった。
生きていて最高かもしれない。
幸福のマスコットを手に入れましたからねぇ。
来年以降も幸せを更新したいと思います。
幸せは自分で壊すものですから常に感謝していれば、
少なくとも幸せは壊れないだろう。
本当にいい年でした。

さて、音楽面で総括。
演奏会は6回でした。
新世界を2回!とベト7、悲愴と定番の曲ばかりでしたが
ベト7で5弦ベースを弾けたのはよかったのと、
ニューフィル千葉の奏者の方と
プルトを組んで今後のヒントを大分得たのは大きい収穫。
悲愴はもう何回目かになったが最高に弾いていて楽しい演奏会だった。
今まで、演奏会後CDができても絶対に聞かない人だったのだが
今回は思わず購入して聞いて、
「いいじゃないか」と自己満足するアマチュアに転落してしまった。
けれど、それぐらいいい演奏会であった。
ベト7はイマイチ納得できなかったので
そのうちリベンジしたい。

独奏面ではパソコンに伴奏させて(ピアノパートを打ち込んで)
披露する機会があり楽しかった。
最近はなじみの曲を録音してよいものを作る楽しみが出来た。
多重録音もやったし。しばらくはパソコンに伴奏させたものを
録音して楽しんでいきたい。
パソコンの伴奏というのはインテンポしかできないのだが
インテンポの中で歌う大切さがよく分かった。
テンポが自由だと人間はどうしても
テンポがどんどん遅くなってしまうようである。

さてさて、今年も演奏会に行きまくりましたよ。
一日の間ではしごしたり宿泊したりして
なんと17回も

演奏会に行った!!

その分

実に金もなくなった と思う。

同じ曲目もとても多くなぜか

ラヴェルのピアノ協奏曲を

3回も聴いた。

来年から少なくしたいとは思いつつ
分かっちゃいるけどやめられない。

さて、今年はいやらしくランキング形式で書こうかな。

第1位 読売日本交響楽団 テミルカーノフ 
ショスタコーヴィチ「レニングラード」
5月の演奏会。老巨匠は棒をあまり振らないのに
オケは自然と盛り上がっていく。テミルカーノフで昔、革命も聞いたが
彼の指揮は本当にすごい。実に名演でした。1時間以上の曲だが
全く飽きなかった。

第2位 NHK交響楽団 デュトワ
ショスタコーヴィチ 交響曲第8番 他
12月の演奏会。これを1位にしようかも迷った。
N響が底力を出すと他のオケより圧倒的にうまいということが
よく分かった。デュトワの設計が実に緻密で
きれいながらグロテスクな名演でした。

第3位 読売日本交響楽団 カンブルラン
ストラヴィンスキー「火の鳥(全曲)」
11月の演奏会。カンブルランもテミルカーノフと同じく
和声のつかい方がうまいと思う。
実にカラーが多彩でハーモニーが下半身に響いた。
直情的ではない分心に残る演奏。

第4位 新日本フィル アルミンク
リゲティ ヴァイオリン協奏曲 コダーイ「ハーリヤーノシュ」他
7月の演奏会。前半のリゲティが壮絶。息もつかないとは
ああいう演奏の言うことを言うのだろう。
ソリストのコパチンスカヤの独壇場で後半を
完全に食っていた。実に緊張感にあふれた名演。

第5位 日本フィル ラザレフ
プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番、交響曲第5番他
9月の演奏会。客のマナーが全体的に気になったが
前半の上原彩子のピアノは今年一番、泣けた。
彼女の3楽章は実に素晴らしい。交響曲も佳演。
最後のオーケストレーションが実に鮮やかでした。

第6位 東京シティフィル 飯守泰次郎
ストラヴィンスキー「火の鳥(1919年)」他
10月の演奏会。バレエつきしかも安価だった。
やはりバレエがつくと視覚的に面白い。とても感動した。
体調がいまひとつだったのだが火の鳥は本当に楽しめた。
こういう取り組みは文化水準の向上につながると思う。

第7位 NHK交響楽団 ビシュコフ
ショスタコーヴィチ 交響曲第1番 ストラヴィンスキー「春の祭典」 
2月の演奏会。実に素晴らしいプログラムだったが
後半がメインだったので前半のショスタコは練習不足感が見えた。
後半も緊張感はすごかったが、名演というほどではなかった。
ビシュコフがN響を掌握していない感じであった。

第8位 新日本フィル ヒュー・ウルフ
シューマン チェロ協奏曲 ショスタコーヴィチ 10月革命他
2月の演奏会。ヴァシリエヴァのチェロは実に素晴らしく
音量も十分。以前、サンサーンスを聞いたときとは別人だった。
ただ疲れていて演奏会の半分以上寝てた。
寝ながら、いい演奏なのに勿体無いと本当に思った。

第9位 水戸室内管弦楽団 宮本文昭
ショスタコ 室内交響曲 シューベルト 交響曲第3番
10月の演奏会。水戸室内はやはりうまい。
ただ、指揮が若干テンポを乱している感はあった。
池松氏のコントラバスに若干?を感じたのは気のせいか。
病み上がりだったので咳を我慢するのに苦労した。

第10位 読売日本交響楽団 グシュルバウアー
ブルッフ ヴァイオリン協奏曲 ドヴォルザーク 交響曲第8番他
8月の演奏会。いわゆる名曲プロ。そういう意味では楽しんだ。
前半のブルッフは解釈が共感できず、
会場が盛り上がる中一人「?」という感じだった。
アンコールに「魔笛」序曲が聴けてよかった。

第11位 東京都交響楽団 アウトウォーター
プロコフィエフ ピアノ協奏曲第2番 ムソルグスキー 展覧会の絵
9月の演奏会。サー・チェンのピアノはいかにも
コンクールピアニストという感じであるが、
この曲にはふさわしかったかもしれない。展覧会の絵は
指揮者がだめだめでじつに眠かった。

第12位 京都市交響楽団 広上
R・シュトラウス ホルン協奏曲第1番 ベートーヴェン 交響曲第4番他
3月の演奏会。バボラークのホルン!すごかった!
リヒャルトは完璧なテクニックに実に感動した。
後半のベートーヴェンも京都市響の弦のうまさを
感じることが出来た。

第13位 群馬交響楽団 梅田
ラヴェル ピアノ協奏曲 ストラヴィンスキー「春の祭典」
3月の演奏会。前述の京都市響と異なり、
群響の下手さを象徴してしまった演奏。春の祭典では
テクニックの弱さがもろにでてしまったという感じ。
財政難のせいかエキストラも多かった。

第14位 スロヴァキア放送交響楽団 マリオ・コシック
三大交響曲 未完成・運命・新世界
11月の演奏会。光〇社によるいわゆるドサ回りオケ。
しかし、運命の4楽章でカットがあるとはねぇ。
過密の日程や未完成や運命をやるのに
5弦ベースはないとひどい環境だ。
ただ指揮者は変態的個性を発揮していて
ゲテモノとしてみるならばまぁ、いいとしよう・・・?

第15位 紀尾井シンフォニエッタ 尾高
スーク 弦楽セレナーデ ドヴォルザーク 交響曲第8番他
3月の演奏会。いったい何がしたい演奏会だったんだ?
小編成オケなのにアプローチは大編成と変わらず、
金管などにも工夫もなし。眠くて仕方なく、
最後は拍手もせず帰った。

選外
・新日本フィル 円光寺
新世界 ラプソディインブルー他
3月の演奏会。地元にきたのでそれだけで楽しかった。
金がかかってないので文句は言うまい。

・東京フィル 井上道義
ニューイヤーコンサート
ニューイヤーに文句を言うのは無粋ですから。

と、こんな感じでした。
来年は
1月 大野 東京フィル プロコ5 ショスタコ6
2月ははしごして
神奈川フィル マーラー5番
読響 神尾真由子を迎えたブラームスプロ
3月 N響 シベコン・ブラ4
まで予定が入ってます。(笑)やはりオケ通いはやめられない。

来年の今も幸せでいたいです。

| その他 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 22:28 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック