専門家が見たら(見てるらしい!?)激怒必至!の
いやらしいアマチュアのコントラバスのCD批評が中心。
まぁ、だらだら続けていきます。
メジャーになりようがないアンダーグラウンドなブログ
RECOMMEND
バンド・オブ・ジプシーズ
バンド・オブ・ジプシーズ (JUGEMレビュー »)
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス
これはすごいCD。クラシックばかり聞いてる場合じゃないと思った。
RECOMMEND
Virtuoso Double-Bass Concertos
Virtuoso Double-Bass Concertos (JUGEMレビュー »)
Domenico Dragonetti,Serge Koussevitzky,Niccolo Paganini,Gary Karr,Berlin Radio Symphony Orchestra
ゲーリーカーによる聖書的名演。
クーセヴィツキーの協奏曲は必聴。
RECOMMEND
Bottesini: Works For Double Bass [Australia]
Bottesini: Works For Double Bass [Australia] (JUGEMレビュー »)
Jörg Baumann,Giovanni Bottesini,Hans Stadlmair,Jésus López-Cobos,Ludwig Streicher,Klaus Stoll,Munich Chamber Orchestra,Berlin Radio Symphony Orchestra,Norman Shetler
シュトライヒャーによる
ボッテシーニの聖書的名演。
RECOMMEND
Bottesini: Musik fur kontrabass und strieichquintett
Bottesini: Musik fur kontrabass und strieichquintett (JUGEMレビュー »)
Giovanni Bottesini
私の最も好きな日本人奏者、
文屋充徳氏のボッテシーニ集。
弦楽五重奏による伴奏
RECOMMEND
Russian and French Music for Double Bass
Russian and French Music for Double Bass (JUGEMレビュー »)
Gabriel Faure,Alexander Glazunov,Reinhold Gliere,Serge Koussevitzky,Maurice Ravel,Camille Saint-Saens,Pyotr Il'yich Tchaikovsky,Hans Roelofsen,Edwin van den Berg
ロロフセンのCD。
グリエールの名曲が収録されている
特にタランテラは必聴。
超絶技巧だけではない歌がある。
RECOMMEND
Giovanni Bottesini: Works for double bass & strings
Giovanni Bottesini: Works for double bass & strings (JUGEMレビュー »)
Vincenzo Mariozzi,Giovanni Bottesini,Vittorio Antonellini,Massimo Giorgi,I Solisti Aquilani,Diego Conti
ヴァイオリンとコントラバスによる
パッショーネアモローザは必聴!!
RECOMMEND
Giovanni Bottesini: Double Bass Concerto
Giovanni Bottesini: Double Bass Concerto (JUGEMレビュー »)
Giovanni Bottesini,Boguslaw Furtok,Frankfurt Radio Symphony Orchestra
コントラバステクニックの最前線、
フルトークによる演奏。
ボッテシーニの協奏曲第1番と
パッショーネアモローザは
楽器の限界に挑むテンポで完奏!
RECOMMEND
コントラバス劇場
コントラバス劇場 (JUGEMレビュー »)
溝入敬三
コントラバスによる
新しい可能性を秘めた1枚。
「失敗」や「タクシー」などの
面白い曲だけでなく、
確かなテクニックと音楽性による
名演もバランスよく収録されている
RECOMMEND
ファンファーレ
ファンファーレ (JUGEMレビュー »)
advantage Lucy,アイコ,Lynne Hobday,石坂義晴,井上富雄,渡辺等,中村キタロー
初めての失恋を経験した
中学3年のときに聴いていたCD
今聞いても完成度が高いと思う。
弦楽器が伴奏に流れる「メトロ」が
好きだった。
当時から、クラシックを好きになる
素地はあったのかもしれない。
RECOMMEND
コントラバス教則本
コントラバス教則本 (JUGEMレビュー »)
松野 茂
なんとシマンデル1巻を

やったことがないという

もぐり奏者である

管理人が使っていた教本。

個人的にはとても愛着がある。
RECOMMEND
夜のかくれんぼ (新潮文庫)
夜のかくれんぼ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
星 新一
小学5年生のときに読んで
読書に目覚めた1冊
RECOMMEND
三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40)
三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40) (JUGEMレビュー »)
吉川 英治
もう何十回読んだかわからない名作

日本人が愛する

「滅びの美学」がここにある。

本当の三国志はレッドクリフなんて

安いものではない
RECOMMEND
春秋戦国志 (上) (講談社文庫)
春秋戦国志 (上) (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
安能 務
私の大好きな歴史小説。
時代は必然的に流れるのである。
RECOMMEND
RECOMMEND
わたしが・棄てた・女
わたしが・棄てた・女 (JUGEMレビュー »)
遠藤 周作
自分が女の子を棄てた経験と
重なって胸が痛くなった一冊
RECOMMEND
PHILOSOMA
PHILOSOMA (JUGEMレビュー »)

生涯唯一ハマった
シューティングゲーム。
くそゲーと思いつつもはまっていた
当時はハードモードも
コンテニューなしでクリアーできた
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< ステファノ・シャシャ コントラバス協奏曲集 | main | Rieber氏のボッテシーニ集 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
ボッテシーニを考える 協奏曲第2番の調について
さて,前回の続きであるが
ボッテシーニの協奏曲第2番は本来,ロ短調である。
なのに,ステファノシャシャ氏のCDには「do minor」とかいてある。
「do minor」とはハ短調のことであろう。
しかもじつはシャシャ氏以外のCDの曲目の所にも
「c-moll」とかいてあるCDがある。(Michael Riber氏のCD)
何故こういうことが起こったのか?

とりあえず,ロ短調とかいてあるものと
ハ短調と書いてあるものを聞き比べてみた。
・・・・んっ半音ぐらいの違いだとよくわかんないなぁ・・・
テンポが遅い楽章なら聞き取りやすいだろうと言うことで
シュトライヒャーが弾く2楽章と
Michael Riber氏の2楽章を聞き比べる・・・


違うぞ!
私は耳がよい方ではないので自信はないが違う!!!
何故だ?ボッテシーニにも2種類のチューニングがあるのか?
ますますもって奥が深いぞ,ボッテシーニ!!
しかし,ボッテシーニにも2種類のチューニングがあるとは
初めて知った。
なぜだか知ってる方,いましたらコメント下さい。

さて,ついでにもう一つ。ボッテシーニの協奏曲第2番は
派手な序奏があるものとないものがある。
持っているCDを全部聞いてみると
序奏があるものが4種類ないものが4種類あった。
序奏がある方がかっこよくて個人的には好きである。
| コントラバスのCD | 17:43 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 17:43 | - | - | pookmark | このページのトップへ
はじめまして!いつも勉強させていただきながら読んでいます。
 調が違うのはコントラバスにはスコルラトゥーダ奏法ってのがありまして、半音高くチューニングすることによって音にきらびやかさを持たせる奏法なんです。なので恐らくシャシャ氏は個人的に勝手にh-mollの曲を半音上げて弾いたのだと思います。僕もこの曲いろんな版で弾きましたが、間違いなくc-mollの楽譜は出版されていません!
 ちなみにヴァンハルのコンチェルトはD,Es,E−Durがあります。
 
| たかやま | 2006/04/03 4:04 AM |
コメントありがとうございます。
なるほど,初めて知りました。
勉強になりました。これからも
よろしくお願いいたします。
| 管理人 | 2006/04/03 9:54 PM |
こんにちは、いつも素晴らしいレビューをありがとうございます。
今さらですが、この記事のボッテジーニの協奏曲2番について。イタリア・パルマの図書館に、この曲の4種類の手書き譜が残っていますが、うち2つはハ単調(do minore)です。ボッテジーニは、「1音半」上げるスコルダトゥーラもやっていたようです。出版されているものでは、ベニスのカーニバル(フランス、BILLAUDOT版)に見られます。
| mitsugu | 2012/11/30 11:10 PM |
古い記事にコメントいただきありがとうございました。
半ば放置のブログになりますが
また、いろいろとご教示ください。
| 管理人 | 2012/12/28 2:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック